MENU

フィラメント

312
0

著:小川三郎

発行:港の人

カバーと表紙のデザインをいたしました。
みえるもの、みえないものを同時に語っているような、生き物が生きているような死んでいるような感動をおぼえました。なんともうまくいえないのですが…

「フィラメント」という言葉からイメージする編み目のような寒冷紗そのものがカバーになっております。