MENU

おもかげびと

『おもかげびと 私の愛した文学、漫画、映画と野球』 著:大島エリ子 発行:港の人 出版社の紹介サイトはこちら  外回りのデザインをいたしました。映画や漫画にまつわるエッセイで、ページをめくると、ついまた読んでしまいたくなる読後感です。
Read More ›

フラグメント 奇貨から群夢まで

『フラグメント 奇貨から群夢まで』 著:秋川久紫  発行:港の人 函写真:和太守卑良「連蕾文器」(部分) 函入スイス装の仕様です。 経済用語とスイーツの話が入れ替わり挿入される不思議で引き込まれる詩です。 開くと肉感の赤、平行の関係が想起されるようデザインしています。 出版社のサイト http://www.minatonohito.jp/products/228_01.html
Read More ›

書物の宴

『書物の宴』 著:大石嘉美 仮フランス装/天アンカット/グラシン紙がけ 発行:港の人 外回りのデザインをいたしました。 本の紹介サイトはこちら
Read More ›

青年はなぜ死んだのか

『青年はなぜ死んだのか カルテから読み解く精神病院患者暴行死事件の真実』 著:嶋田和子 発行:萬書房 外回りのデザインをいたしました。 出版社の紹介サイトはこちら
Read More ›

日曜歌集 たび

『日曜歌集 たび』 著:吉竹純 (カバー・扉写真:吉竹純 表紙イラスト:吉竹遼) 発行:港の人 外回りのデザインをいたしました。猫のたびちゃんが目印です。 出版社の紹介ページはこちら
Read More ›

ぽかん07号

レイアウトをいたしました。編集の真治彩さんのセンスには毎号感心します。 今回の号も、染み入る文章ばかり。便箋も作成しました。 便箋と本体冊子の素敵な装画は片桐水面さんです。
Read More ›

大阪大学文学部紹介2018-2019

デザインをさせていただきました。 表紙のタイトル周りは、マットPPにエンボス加工をしています。
Read More ›

ノスタルジックな読書 コミック・シネマ・小説

著:大島エリ子 発行:港の人 版画(猫の部分):おさのなおこ 外回りのデザインをさせていただきました。 私も読んだことのある漫画について書かれており、もう一回読みたいなと思い出したり、知らなかった漫画もとても読みたくなりました。可愛らしい猫の装画は、版画家のおさのなおこさんの作品を使わせていただきました。 出版社の紹介サイトへ
Read More ›

あけやらぬ みずのゆめ

著:福田知子 発行:港の人 装画:山口薫《若い月の踊り》 外回りのデザインをさせていただきました。 出版社の紹介サイトへ
Read More ›

鎌倉近代建築の歴史散歩

著:吉田鋼市 発行:港の人 写真(カバー・表紙・扉):福井隆也 外回りのデザインをさせていただきました。 出版社の紹介サイトへ
Read More ›